FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

3月に読んだ本

3月に読んだ(読み終わった)本のリスト:
○群ようこ『一葉の口紅 曙のリボン』ちくま文庫
○武井優『他人が子どもを育てるとき 里親と暮らした50人の今』かもがわ出版
○古在由重、丸山眞男『一哲学徒の苦難の道 丸山眞男対話篇I』岩波現代文庫
○向井承子『病いの戦後史 体験としての医療から』筑摩書房
○林真理子『ルンルンを買っておうちに帰ろう』角川文庫
○橋本治『シンデレラボーイ シンデレラガール』河出文庫
○安堂夏代『世にもフシギな保育園 働くママの敵か?味方か?』知恵の森文庫
○酒井順子『たのしい・わるくち』文春文庫
○酒井順子『結婚疲労宴』講談社文庫
○酒井順子『女の仕事じまん』角川文庫
○中村うさぎ『ダメな女と呼んでくれ』角川書店
○養老孟司『「都市主義」の限界』中央公論新社
○林真理子『こんなはずでは・・・・』文春文庫
○酒井順子『トイレは小説より奇なり』集英社文庫
○酒井順子『かわいい顔して・・・・・・』角川文庫
○酒井順子『東京少女歳時記』角川文庫
○酒井順子『世渡り作法術』集英社文庫
○酒井順子『モノ欲しい女』集英社文庫
○酒井順子『自意識過剰!』新潮文庫
○中山千夏『カネを乗りこえる マンバのカネ批判』大月書店
○酒井順子『アナタとわたしは違う人』角川文庫

散歩花見(III)

 会場へ入ったときに配られた用紙が「ふたりへの質問」用になっていて、第一部がすんだ後にそれを回収し、第二部で俊太郎+賢作がそれらの質問に答えるという構成になっていた。妹は書かなかったが、私はもちろんはりきって質問を書いた。だいたいこんな質問。
  (谷川俊太郎さんへ)
  ・おならうたを、ほんもののおなら付きでやったことはないんですか。
  (谷川賢作さんへ)
  ・Divaはまたやるんですか。
  (お二人へ)
  ・今日のは練習したんですか。
  ・“親子で”と言われるのがイヤなときはないですか。

 第二部が始まってみると、回収された用紙は200人分くらいはありそうだった。全てに答えるのは無理だからと、いくつかの質問が紹介され、それに二人が答えていく時間がしばらく続く。あといくつか、というところで、ランダムに選んだものに答えることにしようと賢作が持った用紙を俊太郎が引くことになった。そうして引かれた1枚目の質問が私の出したものだった!1つめの質問に俊太郎が答える。
 「これ[ほんもののおならでおならうたをやること]はー、やっぱり無理でしょう」という答えだった。ただ、こないだチューバと一緒に録音したヤツが、あれが本物[のおなら]と間違うくらいリアルだと思うので、12月に出る予定ですからぜひこれを聞いてもらいたいですねーと付け加えられた。楽しみだ。

 あの「おならうた」のことを訊いた質問は私が書いたやつやってんでと後で妹に言うと、「えー、だれか子どもがした質問やと思ってた」と笑われた。でも、答えてもらえたのはうれしかったし、12月に出るというチューバとの共演はぜひ買わなければと思っている。

***

 明日から4月。

散歩花見(II)

 花見のつもりで、どこを歩こうかと言いながら、長い陸橋を渡り、歩いたことのない細い路地へ入ってみる。道はゆっくりカーヴして、古くさい板塀と家並みの具合が、同居人の里を思わせる。大きな道路からちょっと入っただけで、こんな風景があったとは。
 てれてれ歩いているうちに北の空が暗くなってきた。雨が降りそうなまっくらな空にかわっていく。これはどこかで雨宿りやなと細い路地を抜けて歩いていくうちに雷鳴がきこえ風がそよと吹いた。隣駅の商店街へたどりつき、アーケードへ入ってしばらくしたら雨が降り出した。雨宿りに商店街を端から端まで歩き、いくつかの店にひやかしに入る。冷たい空気が入ってきての雨らしく、つめたい風が吹いて少し冷える。
 小一時間ばかり商店街をうろうろしていたら、雲がきれて、陽が射してきた。少し遅い昼ごはんにお好み焼き屋へ入る。その後、晩ご飯の買い物をして、帰路につく。川沿いに見事な桜をみる。行きと似たような、でも違う、歩いたことのない道を歩く。道の向こうに桜がみえたり、庭に植わっている桜をながめたり、散歩花見。しかしずいぶんと疲労して、帰ってからしばらく昼寝。

***

 金曜の夜に妹1号と一緒に行った谷川俊太郎+谷川賢作ライブで朗読された詩は、「春に」や「黄金の魚」「おならうた」など私がほぼ諳んじることのできるものが混じっていて、「みみをすます」や「悲しみ」「二十億光年の孤独」「ネロ」など私が印象深く記憶しているものも含まれていて、そこへ「詩はことばだけではなくて音でもある」というような谷川俊太郎の講釈もつき、私も朗読したくなるのだった。谷川俊太郎が自分の詩を朗読するというのがおそらくこのライブのひとつのウリで、言葉が音にのったときの気持ちよさを感じた。

散歩花見(I)

 昨晩ちょろと読みかけていた酒井順子の11発目『アナタとわたしは違う人』(角川文庫、1997年)を読んでしまう。さすがにちょっと飽きてきた。

 東京出張のお供だった『富士正晴』はてっぺんから読みはじめて半ばほどまで読んだところだが「帝国軍隊に於ける学習・序」「童貞」と読み次いで、兵士小説を読むのがしんどくなってしまった。「童貞」は長くてまだ読み終わらない。ので、順番をバラして別のを読もうと思う。

 本読み風呂では横田順彌の『古本探偵の冒険』(学陽文庫、1998年)を途中まで読む。こないだ古本屋で安く買った本である。先月読んだ『古本屋おやじ』などとは違って、この本はこういうところがオモシロくて、見つけるのにめちゃくちゃ苦労して、鰻重の松くらいの値だったので悩んだけど買って、云々、、、という調子で、自分が手に入れた本や資料のなかにこんなことを見つけた、これは面白い、この本を書いたこの人物はこういうところがあって、愛すべきである、云々と続く。おもしろくて、新発見があって、ベンキョウになって、役には立たなくて、そんな本のことを最近これがと、私もそういう風に話したい人間なので、横田さんほど古本熱はないものの、本の買い方や読み方に親近感をおぼえ、ニヤニヤしながら読む。

 今日は朝からじつにいい天気で、起きるなり散歩行こ、散歩と言っていたところへ郵便局から電話。昨日投函したブックマーク送付の封筒たち、手でもった感じではいけそうやと思っていたのが切手不足だと言われ、しかたないのでとりあえず切手を貼りに集配局へ行く。晴れて気温も高く、青空。注文していたバラも届き、郵便局から帰って、コーヒーをもう一度飲んでから、散歩に出る。

東京出張・おならうた・ブックマーク発送

(4日間のメモ)
 3/27(水):フェミックスへ恩返し(I):ヒコーキにて東京入り。移動中の読書は『ちくま日本文学全集 富士正晴』(筑摩書房、1993年)。東京も雨、は散り初め。そのままフェミックスへ。まずは原稿校正を手伝う。編集のNさん宅(横浜)へ泊めてもらう。
  ***
 3/28(木):フェミックスへ恩返し(II);雨はあがる。晴れているがかなりの冷え込み。Nさんとともにフェミックスへ。原稿校正、宛名書き、袋詰め、切手貼り、原稿校正、原稿校正、など。一部持ち帰りで原稿校正。Nさん宅で2泊め。2年ぶりに会うコドモたちがひとまわり大きくなっている。フェミックスで教えてもらった芥川賞受賞作、長嶋有の「猛スピードで母は」を読む(「文藝春秋」2002年3月号)。
  ***
 3/29(金):横浜→東京→大阪→伊丹→尼崎;泊まり先のNさん宅から、東京での打ち合わせ会議へ。また雨降りの上、吐く息が白くなるほどさむい。昼過ぎまで原稿チェックなどをして解散。ヒコーキにて帰阪。ヒコーキの遅れ。移動中の読書は『富士正晴』の続き。大阪も雨。帰宅して一休みの後、谷川俊太郎+谷川賢作のライブへ。雨でバスが遅れ、妹との待ち合わせに遅れそうになる。2列め中程の席で、詩の朗読やピアノ、俊太郎+賢作の質問コーナーなどを楽しむ。ライブ終了後、会場近くの地ビール屋で軽く飲み食いして妹宅へ。泊。夜の雨ひどし。
  ***
 3/30(土):同居人の協力を得てブックマークの発送作業;雨あがるが雲多し。朝のうちに妹宅より帰還。一寝入りしてから、ブックマークの発送作業。晩ご飯は近所の友と地中海料理屋へ、その待ち合わせ場所近くで同居人の入院時同室の友とばったり会い、4人でご飯。また閉店まで飲み食い。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ