FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

宴会 宴会(II)

「子どもの頃ぜんぜん違うところで区切ってよんでたコトバが、英語やドイツ語習って”あ~あれはそういう意味やったんか~!”ってなるの、あるよなあ」「あるある、”あいねくらいねなはとむじーく”とかなあ」。また妹と同居人(←同い年)の会話がおかしい。「このあとどうするつもりなん?」「えー、ちょっというのはずかしいぃ」「え?女優とか?」「!(大爆笑)」。
 会計をしたときに「3人ともお酒つよいんですねー」と店の人に言われた。サングリア1リットル→白ワインボトル1本→グラスワイン(ホット)を1杯ずつ、しかも3人とも顔色もほとんどかわらない、とくると、そう見えるか、、、
 一度ぱらついていた雨はあがっていて、少し買い物をして3人でわが家へ向かう。朝ご飯を仕込み、風呂に入って、就寝。

 夜のうちから降り出した雨が今朝はずいぶん強く降っていた。妹1号を駅まで送り、その後同居人を元職場まで回送してから出勤。雨が強い上に、風がつめたい。帰宅すると同居人が「風邪ひいた~」とちょっと弱っていた。
 父ちゃんから頼まれて注文していた本が入り、届ける前にぱらっと読む。雁屋哲(作)、シュガー佐藤(画)の『マンガ 日本人と天皇』(いそっぷ社、2000年)。日本書紀や古事記による「天皇家の話」も踏まえた、現代日本に”いかに天皇制の害悪や毒がまきちらされているか”という話。これをマンガと文章を交互にはさんで構成したもの。わかりやすい本ではあるが、まるで小林よしのりの向こうをはるような”きめつけ”の効いた論理展開は、ちょっといまいちな感じ。もう一点、みょーに気になったのが、主人公(と思しき)サッカー選手の澄川仁、その彼女(?)さち子(←姓が出てこない)と、澄川と同じくサッカー選手の坂本治、その彼女(?)畑野なつ子。この女性2人の描かれよう。「教育勅語こそ近代日本の過ちの根源だ」と言う東塔大学理事長・岡原宅へ正月に訪問する4人。さち子となつ子は晴れ着姿。「まあ、お嬢さんたち素敵ね、花が咲いたみたい」。
 なぜかこの2人の女性は、澄川と坂本が登場するところで、いつも後ろのほうに立っている(←「まあ」「そうだわ」という合いの手役?)。サッカー部との関係もいまいちよくわからない(マネージャー役?でも澄川と坂本がサッカー部を追い出されたときに、なぜか一緒に出ていくし)。
 本論よりこんなところがみょーに気になるのだった。
スポンサーサイト



 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ