FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

調子に乗って散歩

 今日もあたたかい日だった。妹1号の”退職祝い”として包丁をさがしに道具屋筋へ。妹1号が一人住まいを始めたときに贈った包丁が、昨晩「柄のところから折れた」と聞いたので、じゃ退職祝いに包丁だ、と。空港からのリムジンバスで難波まで出てみることにする。同居人はバスだと障害者割引で半額になる。空港から乗って、阪神高速を走り、30分で難波へ到着。乗り換えなしで座れるという楽ちんさに、梅田より遠いところはバスにしよう、と思う。
 出る前に下調べをしておいた道具屋筋の刃物屋で、身と柄が一体型となった三徳包丁を購入。未来を切り開く縁起物!である。
 その後心斎橋筋をずっと端から端まで歩いた。途中古本屋に2軒引っかかって、唐沢富太郎『明治百年の教育 寺子屋から六三制まで』(日経新書、1968年)、それと小倉千加子『女の人生すごろく』(ちくま文庫、1994年)を購入。
 お昼を食べようどこかで食べようと言いながら、歩き続けているうちに、とうとう心斎橋筋を抜けてしまって食べるところが見あたらなくなり、何かあるやろうと梅田へ向かって御堂筋を歩き続けるも祝日のビジネス街は飲食店が軒並み閉まっていて、結局そのまま淀屋橋をすぎ、梅田まで歩いた。途中ジュースを補給したが、朝ご飯を食べてからもう半日近く経って、梅田にたどりついたのが4時半頃。おなかもぺこぺこで足もよれよれ、豚カツ屋へ入り、厚切りロースかつ定食をご飯もキャベツもお代わりして食べた。
 同居人はすっかりよれてしまい、食べた後は直帰。「ほんの話」原稿を書き直して送り、We原稿を校正し、本読み風呂で『女の人生すごろく』を途中まで読む。 
 風呂上がりにテレビをつけたらNHKで「海図のない旅」というドラマをやっていて、その2回目を見る。”俗物”の父親役を竹中直人がイヤ~な感じで好演している。能登へも行ってみたいなア。
スポンサーサイト



女は大変?(II)

 食後、渡辺和博とタラコプロダクション作品『金魂巻の謎』(主婦の友社、1985年)を読む。『金魂巻』のほうはちくま文庫版をもっていたが、この続編はすでにちくま文庫で品切れのため、図書館で借りてきたやつだ。オバタの本は親本が1994年で、バブルがはじける前の若い女性たちの話だった。『金魂巻の謎』はバブルへと盛り上がっている頃の話で、2冊を続けて読んだせいもあって、”あの時代・あの頃”といった雰囲気を感じた。

 日が暮れてから、妹のところへ、同居人とともに石川土産の配達にゆく。妹2号&その夫と、しばらくお茶など飲みつつ談笑す。ネタは、父ちゃん!妹の夫が「お父さんて凝り性で、飽きっぽいよな」とコメント。そこから芋蔓式に、現在父ちゃんがハマっているパン焼き機の前には「ミキサーで怪しいジュースをつくってたよなー、よく飲まされたよなー」という話になり、大笑い。父ちゃんはリンゴを皮つきでミキサーにかけたり、挙げ句の果てにはオレンジやレモンなど柑橘類を皮つきのままミキサーに入れるということまでやったのだ。あの皮ごとジュースは・・・かなりキツかった。りばいばるがないことを祈る。

 帰宅して、ウイスキーをちびっと飲む。ずいぶん前に同居人が職場で出かけた山崎蒸留所(サントリー)で買ってきた12年もののピュアモルトウイスキー。香りがいい。

女は大変?(I)

 今朝は空港の喫茶店でモーニングを食べてみる。ベーグルがウリの店で、「ベーグルはもともとユダヤのパン、茹でてから焼くんやでと言っていたところから、「パン」て何語かなー、エイゴじゃないよなー、コンペイトウなんかと一緒でオランダかポルトガルちゃうか・・・という疑問が発生。帰って調べてみると、ポルトガル語由来だった。
 同居人がお洗濯、その隣でオバタカズユキの『だから女は大変だ』(扶桑社文庫、1998年)を読みつつ、うとうと。こんな誤植するかなあ--「右橋を叩いてもわたらない性格」って、それは「石橋」ヤロ。これも図書館で借りた本。女性が陥りやすい(と思われる)いくつもの「大変」さを、20~30代女性へのインタビューを用いて描いたもの。その「大変」とは、「個性的な私になりたい」とか「やりたいことがわからない」とか「会社は依然、男社会(オバタは「会社はいよいよ女性排除社会」としてもよかったかと書いている)」から、「いい男がいない」「結婚で自由をなくしたくない」「ちゃんと勉強し直したい」「だって親がかわいそう」まで、ありそうな話だ。オバタが「客観中立な記録者なんてのは柄にあわない」と、インタビューイーと話をしながらかなりしゃべっている。それがややウルサイけれど、わりと面白い本だった。最近読んだ本でいうと『30独身女、どうよ!?』が近いか。

 散歩に出ようと言っていたのだが、私がうとうとから醒めると、同居人がごろんと横になっていた。『だから女は大変だ』を読み終えた私は、しばらくネットサーフィンして「レトルトカレーについてのコメント」(こういうサイトがけっこうある)をあちこち読んでみたり、「かぶらずし」が通販で買えそうなサイトを探してみたりする。石川で帰阪前に同居人の母上に買ってもらったかぶらずしももうあと一つ。シーズン中にもう一度、と思うので、どこかで手に入れたい。結局昼ご飯の時間をのがしたまま、夕方になって猛烈におなかがすいて、ストックのレトルトカレー(今日は東京で買ってきた資生堂パーラーの辛口チキンカレー)を夕飯にする。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ