FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

10月に読んだ本

10月に読んだ(読み終わった)本のリスト:
○西原理恵子『はれた日は学校をやすんで』双葉社
○清水義範『作文ダイキライ 清水義範のほめほめ作文道場』学研M文庫
○平松剛『光の教会 安藤忠雄の現場』建築資料研究社
○赤瀬川原平『我輩は施主である』読売新聞社
○干刈あがた『しずかにわたすこがねのゆびわ』福武書店
○萩尾望都『ローマへの道』小学館文庫
○田口ランディ『コンセント』幻冬舎
○干刈あがた『窓の下の天の川』新潮社
○東 洋『子どもの能力と教育評価[第2版]』東京大学出版会
○丸山直樹『ドクター・サーブ 中村哲の15年』石風社
○藤森照信『天下無双の建築学入門』ちくま新書
○鷲田清一『<弱さ>のちから ホスピタブルな光景』講談社
○吉本ばなな『FRUITS BASKET』福武書店
○檀ふみ『ありがとうございません』幻冬舎文庫
○名取弘文『おもしろ学校Qチャンネル 名取弘文対話編』有斐閣
○名取弘文編『教室から世界へ飛びたとう おもしろ学校特別授業』筑摩書房
○頼藤和寛『わたし、ガンです ある精神科医の耐病記』文春新書
○篠田節子『女たちのジハード』集英社文庫
○鷲田清一『哲学クリニック』朝日新聞社
スポンサーサイト



ハタラク女性(II)

 なかみは「哲学クリニック」。気になったのは、途中の「友だち科」のところと、最後の「家族科」のところとで、「コンビニ」についての書きようがえらい違うこと。

 友だち科ではこんな風:
▽日常生活を支えているからといって、日常生活の場である地域に密着しているかというと、コンビニは、地域からふーっと浮遊している。どこに行ってもおなじだし、いつでも開いているし。・・・「ここの地域や店では、どんなものが売れるか」と品揃えとか戦略とか、肝心なところは本部が仕切るから、地域にあるように見えて、ほんとは全然別のところにある中枢と結びついているんですね。(91ページ)
 家族科ではこんな風:
▽いまコンビニが完備してきて、貯金をおろしたり、税金を払ったり、いろいろな公共的なこともできるようになって、コミュニティセンターみたいになりつつありますね。コンビニの出前がもっと盛んになれば、昔の御用聞きの役割が復活すると思うんです。(181-182ページ)

 どっちやねんと詰め寄る話でもないし、私の実感としては、どっちの話もあるような気がする。けなす方に重心おいたら前者に近く、ええとこあらへんかという方に重心おいたら後者に近くなるような気がする。・・・ってことにしとこ。このクリニックへやってきた患者さんからのツッコミもないようやし。

 今日は図書館へも寄って、本を返して、別の本を借りる。今日借りたのは、田澤拓也『空と山のあいだ 岩木山遭難・大館鳳鳴高生の五日間』(TBSブリタニカ、1999年)、津野海太郎『本はどのように消えてゆくのか』(晶文社、1996年)、坪内祐三『シブい本』(文藝春秋、1997年)、上野千鶴子『上野千鶴子が文学を社会学する』(朝日新聞社、2000年)の4冊。読んでみたいなと思っていた本が書架にあった。さらに2冊をリクエストする。

ハタラク女性(I)

 昨日の晩は、頼藤和寛の『わたし、ガンです ある精神科医の耐病記』のあと、さらに篠田節子の『女たちのジハード』を結局さいごまで読んでしまった。さいごのトマトの水煮やらワイン煮やらピューレの話がおいしそうでおいしそうで・・・。『女たちのジハード』は、ハタラク女性の話でもあるし、彼女たちをとおして見えてくるハタラク男性の話であったり、親の世代の話であったりもする。主役たちはちょっと歳いってるけど、ビルドゥングスロマン(成長小説、っていうのか?)でもある。自分と歳が近いせいか、主役5人のなかでもいちばん年増の康子がおもしろく、彼女がいろんな面で変わっていく姿が印象にのこった。

 で、今日もハタラク女性である。仕事帰りに立ち寄った本屋で、鷲田清一の『哲学クリニック』(朝日新聞社、2001年)を見かけて、買ってかえる。背表紙も奥付も「哲学クリニック」と書いてあるだけだが、表紙ではその文字の上に「働く女性のための」と入っている。お勤めして数年たったハタラク女性、あたりをねらった本か(お勤めして数年といえば、私もそうである)。どちらかといえばこの本に目がいったのは、妹1号の「べつに自分がいなくても」と「やめようかなー」が気になっているから、だ。読んだら妹1号にまわしたろ、とも思って買った。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ