読んだり、書いたり、編んだり 

暮れの帽子

以前、Kさんから頼まれて帽子を編んだ。歩いていて気づいたらその帽子を失っていたとKさんがおっしゃるので、新たに編んでさしあげる。

何にでも合わせやすいから白がいいとのことで、いただきもののモヘアぽい糸で編みかけていたものを、12月半ばの寒波到来時に仕上げる。そして、年越し寒波がやってくるというので、これもいただきものの柔らかい糸で、もしまた失ったときの予備にともう1つ。久しぶりに本を読みながら手を動かした。読んでいたのは金井美恵子の『お勝手太平記』というお手紙小説。
Genre : 日記 日記

2014春の帽子

写真の整理。しばらく休養していた春に編んだ帽子。
Genre : 日記 日記

この秋の帽子

涼しくなってきて、たまに編みもの。新聞を読みながら、本を読みながら、ビデオを見ながら… 慣れたかたちの、いつもの帽子をいくつか仕上げ。

昨シーズンいろいろと買ったり貰ったりした糸がまだたくさんあるせいか、今シーズンは毛糸売り場を通りかかっても、はあはあすることなく、比較的冷静でいられる。
Genre : 日記 日記

同じ段だら糸で、帽子をふたつ

帽子を編んでほしいと毛糸を預かって、まずひとつ編んだのが左の帽子。モヘアまじりのやわらかくて軽い糸を3玉預かったうち半分くらい使ったので、残りで手首ウォーマーなど小物を編むこともできますし、もうひとつ帽子を編むこともできそうですとお知らせすると、「ではもうひとつお願いします、少し小さめで」とのことで編んだのが右の帽子。

2月12日の帽子と2月26日の帽子

同じ色番号の同じロットの糸だけれど、段だらの色の出具合と、色の積み重なりの加減で、似てるけれど、ちょっと印象の違うふたつになった。

"編み賃"は「絵と交換」でいただくことにして、どの絵をもらおうかなぁ~と楽しく迷っているところ。
Genre : 日記 日記

編みなおしの帽子

人の帽子を編みなおしたら、自分のかぶっている帽子がダレ気味なのが気になって、ほどいて編みなおす。思いたったら、糸の端を探してほどきだしてしまい、(編みなおす前の写真を撮っておけばよかった…)と後で気づく。

段だらに色の出てくる糸なので、しぼったてっぺんからほどきつつ、新たに裾から編んでいくと、色の積み重なりの印象が変わる。

1月11日の帽子
Genre : 日記 日記

移動の車中で編んだ帽子

これも同居人の里への往復のあいだに編んだ帽子。電車で本を読むのは目によろしくないという眼科のお達しもあり、行き帰りの特急の車中で、窓の外を見ながら手を動かした。湖北から福井に入ったあたりまでの雪が深かったが、同居人の里につくと雪はなかった。

1月7日の帽子

さいごの減らし目をしてしぼるところは手元を見ながらやるので、帰ってきてから仕上げ。
Genre : 日記 日記

編みなおしの帽子

2年まえの冬に、友のおつれあいにと編んだ帽子が、ちょっと伸びてダレてきたのでサイズ調整してもらえないかということで、編みなおすわーと預かり、正月に同居人の里へ往復する間に、ほどいて、1号細い針を使って編みなおす。

休み明けに届けると、ちょうどいいサイズになったと友のおつれあいは喜んでくださった由。

1月3日の帽子(編みなおし)

このシリーズの糸も色違いでずいぶんたくさん帽子を編んだ(うちにも色違いの帽子がある)。編みなおしてみると、やわらかい糸で、サイズより心持ち小さめに編むのがよさそうだと気づく。
Genre : 日記 日記

編み初め

同居人の母上が、野菜やお米と一緒に荷物に入れてくれてはった「ネックウォーマー」が、してみると具合がよく、しかも便利で、それを見た妹1号が「いいな~いいな~いいな~」と言うので、残り糸をいくつかつないで、母上のをマネっこして今年の編み初め。色番は別でも、同じシリーズの糸のせいか、色のおさまりがいいかんじ。

1月1日のネックウォーマー

糸の始末もしてしまい、妹1号は早速身につけてお帰り。
Genre : 日記 日記

思い出よせあつめ帽子

今シーズンの編みはじめは、針にかけたまま持ちこしていた帽子で、妹1号にもらわれていった。あれは少しずつ残っていた糸を組み合わせて編んだものだった。

残り糸を組み合わせて、もうひとつ帽子を編んでみようと、いろいろよせあつめてみた。いちばん裾の赤い糸は、もう30年前に、自分のと妹1号のと2枚、オフホワイトの糸で編んだセーターに、色違いでラインと名前を編み込んだ糸の残り。妹にはこの赤、自分のはブルーを差し色に入れた、思い出のなかのセーター…(しばらく着ていたが、その後ほどいてしまった)。

なつかしの赤い糸に続けて、少しずつ残っていた段染め糸を5種類つないで編んでみたら、「イイなあ!こんな色の帽子ないやん!イイやん!」と妹1号が連発。

12月31日の帽子

これは妹2号にやろうかと思っていたが、なつかしの赤い糸も入ってるし、シーズン初めの帽子と交換してもらってもいいしと、年明けに妹2号を訪ねる1号に託す。
Genre : 日記 日記

輪針2本づかいの輪っか編み

以前、同居人の母上が編んだ「指なし手袋」を編んでみたくて、マネっこして編んだのをあげた友より、「足首ウォーマーがほしい」との要望きたる。ふだん「輪針でがんがん編んで、ちょっと減らし目して、きゅっ」という帽子ばっかり編んでるので、小さい輪っか編みは久しぶり(前に、帽子を編んだ残り糸で「手首ウォーマー」を編んだことはあるのだが、いったいどうやって小さい輪っかを編んだのかサッパリ思い出せず)。

最近は便利なことに、編み方の動画がインターネット上にあったりするので、「マジック・ループ」とか、「1本の輪針で靴下を2足同時に編む方法」とか(←対になったものを編むのが苦手な私にはよいかと思い)、それらを見てみた。見ている間は、うんうんと分かった気になるのに、いざ糸と針を持ってやろうとすると、この針は次にどこへ入れるのか?と、メビウスの輪状態… 結局「輪針2本で、小さい輪を編む」という方法にて、いつもより小さい輪っかを2つ編んで綴じる。

できあがった「足首ウォーマー」の着用見本
足首ウォーマーの着用見本
Genre : 日記 日記
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第39回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ