読んだり、書いたり、編んだり 

6月に読んだ本(II)

乃南アサ『花散る頃の殺人』新潮社\1470
後藤竜二作長谷川知子絵『1ねん1くみ1ばんでっかい!!』ポプラ社\1050
現代高等教育問題研究会編著『女性を幸せにする大学 神戸女学院のアティテュード』プレジデント社\1600
松森果林『星の音が聴こえますか』筑摩書房\1365
乃南アサ『未練』新潮社\1470
丘修三作、かみやしん絵『ぼくのお姉さん』偕成社文庫\735
長崎源之助作、梶山俊夫絵『ヒョコタンの山羊』理論社\987
皿海達哉作、池田竜雄絵『少年のしるし』理論社\1260
乃南アサ『嗤う闇』新潮社\1470
野辺明子『どうして指がないの?』技術と人間\1995
---40
夏石鈴子『夏の力道山』筑摩書房\1365
永井するみ『ランチタイム・ブルー』集英社\1680
中島たい子『建てて、いい?』講談社\1365
アニー・ディラード著、柳沢由実子訳『本を書く』パピルス\2310

TOTAL \57925

6月に読んだ本(I)

6月に読んだ(読み終わった)本のリスト:
乃南アサ『凍える牙』新潮文庫\740
秋葉忠利(はらだたけひで絵)『報復ではなく和解を いま、ヒロシマから世界へ』岩波書店\1680
野辺明子『魔法の手の子どもたち 「先天異常」を生きる』太郎次郎社\1835
協働→参加のまちづくり市民研究会編『私のだいじな場所』ハンズオン!埼玉\1050
今井美沙子『もったいないじいさん』作品社\1890
加納朋子『ななつのこ』創元推理文庫\546
岡崎武志、角田光代『古本道場』ポプラ社\1470
小田光雄、河野高孝、田村和典『古本屋サバイバル 超激震鼎談・出版に未来はあるか? 3 』編書房\1785
山岸凉子『舞姫 テレプシコーラ 2』メディアファクトリー\620
吉田潮『幸せな離婚 自由に生きるって気持ちいい!』生活文化出版\1470
---10
山岸凉子『黒鳥 ブラック・スワン』白泉社文庫\550
永江朗『消える本、残る本』編書房\1680
竹内佐千子『ハニー&ハニー 女の子どうしのラブ・カップル』メディアファクトリー\998
協働→参加のまちづくり市民研究会編『私のだいじな場所』ハンズオン!埼玉
今井美沙子『人生は55歳からおもしろいねん』岩波書店\1890
さねとうあきら、中島信子、長谷川知子『超激暗爆笑鼎談・何だ難だ!児童文学』編書房\1575
好井裕明『差別原論 〈わたし〉のなかの権力とつきあう』平凡社新書\798
福岡伸一『生物と無生物のあいだ』講談社現代新書\777
小栗左多里『ダーリンは外国人』メディアファクトリー\924
小栗左多里『ダーリンは外国人2』メディアファクトリー\998
---20
伊藤理佐『おんなの窓』文藝春秋\1000
くにともこ『独立自営の女たち』編書房\1,365
山岸凉子『神かくし』秋田文庫\630
木村晴美『日本手話とろう文化 ろう者はストレンジャー』生活書院\1890
大阪ボランティア協会編『市民プロデューサーが拓くNPO世紀』ぎょうせい\2310
安東みきえ作、下和田サチヨ絵『頭のうちどころが悪かった熊の話』理論社\1575
乃南アサ『鎖』新潮社\2310
中島信子作、長谷川知子絵『お母さん、わたしをすきですか 美雪ちゃんへの12通の手紙』ポプラ社\927
小倉千加子『オンナらしさ入門〈笑〉』理論社\1260
中島信子、櫻井香『ここにいるよいつもいるよ ミーシャ・ナンナ物語』ポプラ社\1260
---30

1月に読んだ本

1月に読んだ(読み終わった)本のリスト:
○矢川澄子『「父の娘」たち 森茉莉とアナイス・ニン』平凡社ライブラリー \998
○藤原正彦『国家の品格』新潮新書 \714
○浅田次郎『月下の恋人』光文社 \1575
○角田光代『彼女のこんだて帖』ベターホーム出版局 \1470

TOTAL \4754

12月に読んだ本(II)

○大田垣晴子『物見遊湯 ものみゆうゆ』新潮社 \1260
アーシュラ・K.ル=グウィン(青木由紀子訳)『ファンタジーと言葉』岩波書店 \2520
○生田紗代『オアシス』河出文庫 \525
○梨屋アリエ(作)、菅野由貴子(絵)『ツー・ステップス!』岩崎書店 \1260
○田辺聖子『感傷旅行 センチメンタル・ジャーニィ』角川文庫 \567

TOTAL \48580

12月に読んだ本

12月に読んだ(読み終わった)本のリスト
○遠藤寛子『算法少女』ちくま学芸文庫 \945
○田中ひかる『月経をアンネと呼んだ頃 生理用ナプキンはこうして生まれた』ユック舎 \1680
○内田樹『街場の現代思想』NTT出版 \1470
○角田光代『酔って言いたい夜もある』太田出版 \1554
○高木隆郎・ローナ・ウイング編『児童精神医学への挑戦 自閉症を考える』岩崎学術出版社 \4200
○今野稔久『コドモの居場所』コモンズ \1470
○山下惣一『安ければ、それでいいのか!?』コモンズ \1575
○香坂直『トモ、ぼくは元気です』講談社 \1365
○安野光雅、藤原正彦『世にも美しい日本語入門』ちくまプリマー新書 \735
○中沢新一『僕の叔父さん 網野善彦』集英社新書 \693
---10
○鶴見俊輔、齋藤慎爾編『サザエさんの〈昭和〉』柏書房 \1680
○角田光代『ドラママチ』文藝春秋 \1350
○石田千『踏切趣味』筑摩書房 \1575
○香坂直『走れ、セナ!』講談社 \1365
○長谷川町子『カラー版 よりぬきサザエさん』朝日文庫 \612
○中沢新一、赤坂憲雄『網野善彦を継ぐ。』講談社 \1260
○中川六平『「歩く学問」の達人』晶文社 \1995
○埼玉大学共生社会研究センター編『歩く学問ナマコの思想』コモンズ \1470
○清水眞砂子『そして、ねずみ女房は星を見た』テン・ブックス \1995
○川上弘美『あるようなないような』中公文庫 \620
---20
○ジャネット・ウィンター(長田弘訳)『バスラの図書館員 イラクで本当にあった話』晶文社 \1680
○江弘毅『岸和田だんじり祭 だんじり若頭日記』晶文社 \1680
○田辺聖子『欲しがりません勝つまでは 私の終戦まで』新潮文庫 \336
○石田千『月と菓子パン』晶文社 \1680
○魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』宝島社 \890
○山本ふみこ『台所あいうえお』バジリコ \1470
○高岡健、岡村達也(編)『自閉症スペクトラム 浅草事件の検証-自閉症と裁判-』批評社 \2100
○大田垣晴子『小さなモンダイ』NHK出版 \945
○松原惇子『年収200万円時代 賢い女の「満足生活」』三笠書房\ \1365
○太田光、中沢新一『憲法九条を世界遺産に』集英社新書 \693
---30

ことば

「生きてるときに、大事な人にちゃーんとことばをのこしてる人は、なくなってからもしゃべれるんやね」

夢(II)

 姉ちゃん(私からすると伯母さん)はむかしの女学校、いまのH高校が共学になった一期生か二期生くらいで、その同級生にこれこれこういう人がいた、日銀に入ったが東大でないと出世できない世界で、その人は京大卒だったのでどうのこうの、それでも神戸支店長になったらしいとか。
 「硫黄島からの手紙」と「父親たちの星条旗」を見にいこうと思っているが、映画館の上映時間が、早すぎたり遅すぎたり、自分の生活スケジュールとうまく合わないのでまだ行ってないとか。
 安部というのは、ここ数日みていると、民主党の前原のようだな、とか。

 で、帽子の話になり、昨シーズン父ちゃんに編んだ帽子は愛用されており、この冬も何か編んでほしそうなことをいうので、ふんふんと注文を伺う。

 こんど姉ちゃんに荷物を送るというので、その荷造りを手伝ってから、妹2号宅へ向かう。

 あいかわらずここのお犬様はよく吠える。
 コーヒーいれてもらって、一緒に編み物して、こっちでもあれこれとしゃべる。八割方できていた妹用のミニマフラーを、ちょうど糸が終わるところまで編んでしまって、仕上げてしまう。

 それから犬の散歩につきあい、犬にヒモをぐいぐい引っ張られて、ちとくたびれる。元気やのう。

 日が暮れる前に帰る。図書館へは間に合わなかったので明日にすることにして、買い物して帰る。
 晩ご飯は久しぶりの豆サラダと、鍋、ご飯。豆サラダの大豆は、こないだ同居人の里から送られてきたもの。うまい。鍋はキャベツと白ネギと大根をたいたところへ、豚こまぎれをネギと生姜と一緒にちょきちょきやって片栗粉でまとめた豚団子を投入、菊菜も投入。それをポン酢と柚子こしょうで。豚団子は初めてやってみたが、なかなかウマかった。

 今日は『自閉症スペクトラム』という本を読んでいた。「スペクトラム」というとプリズムみたいな、どういう意味なんやろ?自閉症から後光が差すというか、光が分かれるというか…と思って読んでいたが、はっきりわからない。「自閉症スペクトラム」と指されるのは、「自閉症みたいなかんじ」というカテゴリーのようでもあるが、よくわからない。

夢(I)

 起きる前にみた夢で、母ちゃんと電車に乗っていた。荷物があって、網棚にあげていて、降りるときに、私は何を考えたのか「帰りに持って帰ればいい」と荷物がそこにあるのをわかっていながら、そのまま母ちゃんと降りた。電車はあっち行って、こっち行ってるのに、なんで帰りに持って帰れるねん!同じ電車が来るんかい!コインロッカーちゃうで!と起きてから自分にツッコミを入れていたが、夢の中では荷物を網棚に置いたまま降りて・・・起きたときにはハッキリおぼえていた夢も、このあたりから記憶がおぼろ。帰りの電車に、置いていった荷物があるはずもなく、駅で訊ねていた。その訊ねた相手が、なぜか高校のときの同級生(だったと思うのだが)Mさんだった。夢のなかでは顔だけおぼえていて、(あの人の名前なんやったっけ)と起きてからしばし考えて、Mさんという名前を思い出した。

 母ちゃんは元気なころの母ちゃんで、すたすた歩いていて、べらべらしゃべっていた。

 そんな夢をみた。

 朝はかなり冷えた。この冬いちばんかも。
 天気がよいので、同居人が出勤したあと洗濯して干し、それから図書館へ本を返して、父ちゃんちへ行く。今日は父ちゃんちでお昼を食べる予約。
 朝は冷えたが、陽も射して、駅から父ちゃんちまで歩くあいだに少し汗ばむほどだった。
 父ちゃんメイドの昼ご飯は、おろし蕎麦。大根おろしがすってあるので、熱くするのか冷たくするのか、どないするのかと思っていたら、エリンギ入りの熱いだしがあって、買ってきたかき揚げもあって、熱い蕎麦にかき揚げと大根おろしをのせて、ネギをちらし、いただきものだという柑橘(名前不明)をしぼって食べた。なかなかウマかった。

 昼ご飯のあと、父ちゃんはあれこれとしゃべる。話はかわるけど、と色々と。安保の頃はいろいろあった、という話では、府庁へ座り込みにいったとか。年寄りの先生の教え子が府庁のどこかの部署にいて、先生に会いたくないからと逃げ回っていたとか。
 かつての教え子の話とか。中央省庁の官僚になるのは、とびきりできる奴ばかりでもないのだろう、教え子のなかには時々とくべつできる子もいたが、○○省に入ったという子は、勉強だけは少々よくできるというくらいの凡人だったとか。

間違えた

 さむいさむい朝。気合い入れて出勤したら、遅番と間違えていたことが判明し、帰るにもさむいし、図書館もまだ開いてないし、とりあえず別室にこもって本を読んだりハガキを書いたりしていた。
 石田千の『月と菓子パン』を読んでしまう。角田光代との対談では、全然本を読まないし、買わない、と語っていたが、この本のなかで(「休日のちいさな本」)、本を読まないわけでも買わないわけでもないらしいことがわかった。

▽本を読むのは休みの日で、出かけるときにも一冊連れて行く。(172ページ)

 上司が出勤して、遅番の最後までいなくていいから、今からの時間で勤務したらどう?と言ってもらい、おことばに甘えて、1時間半繰り下げて、はたらく。

 こんど講師をお願いする平子恭子さんの『与謝野晶子の歌鑑賞』をしまいまでざっと読む。

 7時前まではたらいて、帰る。残念だが図書館行きは中止。

 晩ご飯はあっさりめの豚汁をつくって、昨日の鍋ののこりとあわせてしまう。こんかづけを焼いてみたら、かなりしょっぱい。ご飯がすすむ。大根ずしと、奈良漬けを出して、石川の食卓。
 ご飯のあと、いただきものの洋梨を食べる。うま~

 編物しながら、山本ふみこの『台所あいうえお』を読んでしまう。なかの絵も本人がかいてるらしい。なかなかいい。 

やっと洗濯日和

 遅番。やっと雨があがり、洗濯できそうな天気で、はりきって洗濯して干す。

 出勤して、仕事して、帰ってきて、同居人がつくった鍋で晩ご飯。
 鶏ガラスープで、白菜、大根、白ネギ、人参、エノキ、豚ロース…などを煮込んだ鍋。スープが濃くておいしい。シメは、素麺を投入して、とろとろしたスープごといただく。

 石田千のエッセイがおもしろい。いま読んでるのは『月と菓子パン』。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ